起立性調節障害治療薬の前にキリツテイン

起立性調節障害治療薬の前にキリツテイン

起立性調節障害という言葉を知りませんでした。
調べてみると、小学3年生から高校生に多く、1番多いのは中学生なんですね。

 

このような症状がみられるそうです。
・朝に起きられない
・立ちくらみ
・全身倦怠感
・食欲不振
・立っていると気分が悪くなる
・失神発作
・動悸
・頭痛
・夜になかなか寝付けない
・イライラ感、集中力低下

 

自律神経機能失調症やうつ病と症状がよく似ていますね。
なので、病院でも起立性調節障害でなく、うつ病と言われる事もあるそうです。

 

1番の原因はストレスのようです。
中学生に多いというのは受験などのストレスなんですね。
昔とは違って受験も大変でストレスを抱え、そのストレスに弱い子供たちも増えているんですね。
また、他人に気遣いが出来る子供にもこの症状は多く見られるとのことです。

 

このように悩みやストレスを抱えている子供たちは、普通なら朝に交感神経が働き、夜に副交感神経が働かなければならないことが逆になってしまっているんですね。
そして、朝が辛くて起きられない。やる気が出ない。イライラする。という事になってしまうんです。

 

このような起立性調節障害になってしまった子供も苦しんでしまいますが、その親も非常に辛いことです。
親がうつ病になってしまう事も少なくないみたいです。
聞いているだけで同じように辛くなってしまいます。
しかし、起立性調節障害の治療方法はあるのでしょうか?
治療薬、サプリメントはどうなんでしょうか?

 

そんな子供たちや一緒に悩んでいる親御さんたちに、起立性調節障害のサプリメント、キリツテインを詳しくお伝えします。

 

中学生の10人に1人は起立性調節障害にかかってしまうと言われている現代病なのに、その症状に効果があるサプリは今までありませんでした
キリツテインが初めてです。
そして、発売からまだ間もないにも関わらず、多くの子供たちやその親達が救われているんです。
一体キリツテインにはどの様な効果があるのでしょうか?
そして、本当に起立性調節障害にキリツテインは効果があるのでしょうか?

 

起立性調節障害とキリツテインについて調べてみました。

 

 

起立性調節障害にはキリツテイン → http://kiritsutein.com

 

 

起立性調節障害とはどういうものなの?

まず、起立性調節障害とはどういうものなんでしょうか?

 

<起立性調節障害とは>
・通称OD:Orthostatic Dysregulation といいます。
・小学校3年生〜高校生に多く、1番多いのは中学生。
・大人になると治ることが多く、軽い起立性調節障害は思春期の発達段階に特有な生理反応で病的なものではない。
・起立時に血圧がひどく低下して脳貧血を起こす症例もあれば、血圧に異常を認めない症例もある。
・心理的側面から見ると起立性調節障害は、過剰適応な性格であり、他人に気遣いをして心理的にストレスをためやすい傾向。
・起立性調節障害の約3割は不登校を合併している。

 

起立性調節障害になってしまうと、心配で医院や病院に行く人も多いのですが、自分でも出来る対策方法があるので実践することも大切ですね。

 

<起立性調節障害の対策方法>
軽症の場合
・早寝早起きをするようにする。
・起床時に30秒ほどかけて起きる。
・水分を1日最低1.5リットル摂るようにする。
・学校の先生に起立性調節障害であることを説明し、心理的負担を軽減する。

 

重症の場合
・昇圧剤などの薬物療法

 

起立性調節障害は、粘り強く見守り、怠け者など否定的な事を言わない親や先生の態度が、子供には有効で、焦らないことが治療への1番の近道です。

 

<日常生活での注意点>
・散歩程度の運動を心がける(心拍数が120を超えない程度)
・起立中に、足踏みしたり両足をクロスさせる。
・気温の暑い場所をさけるようにする(体育の外での授業はNG)
・食事においては、やや多めの食塩を摂取する。

 

起立性調節障害は周りの理解がとても大切なんですね。
そして、自分で対策できることもあるんですね。

 

その上で、起立性調節障害では初めてのサプリメント、キリツテインを使用することをお勧めします。

 

次は、キリツテインについてみてみましょう。

 

 

起立性調節障害にはキリツテイン → http://kiritsutein.com

 

 

 

 

 

起立性調節障害に期待できるキリツテインとは・・・

起立性調節障害に有効な、日本初のサプリメント・キリツテイン。
病院や医院にかかると昇圧剤という薬物が処方されるようです。
昇圧剤は血圧を下げる薬です。
このような治療薬を使う前に、是非キリツテインを試すことをお勧めします。

 

病院から処方された治療薬の方がいいのではないか?
サプリメントで効果があるのか?と、疑問に思う人もいると思います。

 

何といっても、今まで起立性調節障害のサプリメントはなく、キリツテインが日本初なのですから疑問に思うのも仕方ないですね。
では、どうしてキリツテインは効果があるのかを見てみましょう。

 

 

 

起立性調節障害にキリツテインが効く理由

@サンテアニン
・医学論文に起立性調節障害に効果があると記載された成分L-テアニンを高純度抽出した成分。
・リラックス効果、寝起きの倦怠感、ストレスの軽減、休息の質、集中力の向上によって、起立性調節障害の症状を緩和。

 

L-テアニンは高級なお茶に含まれるアミノ酸の1種なんですね。
この成分が220mg高配合されているんですが、サプリでなくお茶で摂取しようとすると20杯以上飲まなくては同じ効果が得られないです。
毎回、これを続けるのは無理ですよね。
その点サプリメントは効率よく摂取できるんです。

 

A体のめぐりを良くする
・ヘム鉄   ・・・ 吸収力抜群のヘム鉄によって鉄分不足を解消。
・高麗人参  ・・・ めぐりを良くする。
・亜鉛    ・・・ 生理不順やホルモンバランスの乱れを整える。

 

これらの有効成分が配合されているのが、キリツテインなんですね。

 

キリツテインの飲み方

@1日4粒を目安に飲む。この時の注意は、コーヒーやお茶などのカフェイン入りの飲み物とは一緒に飲まない。
A寝る30分〜2時間前に飲むと実感しやすい。

 

キリツテインは薬や漢方ではなく健康食品なので、基本的に飲み合わせの問題はないですね。
しかし、心配な方は医師に相談してください。

 

 

キリツテインのお得な購入方法

 

キリツテインは健康食品サプリメントなので続けて飲み続けることで、より効果が出ます。
お得に購入するには定期コースがお勧めですよ。
3つのプランがあるので、自分に合った購入方法を選んで下さいね。

 

 

定期コースでなく、今回のみの通常購入もあります。

 

 

起立性調節障害にはキリツテイン → http://kiritsutein.com

 

 

 

キリツテインを実際に飲んでみました

起立性調節障害に有効なキリツテインを、私も実際に飲んでみました。

 

私は起立性調節障害ではないのですが、なぜ飲んでいるのか・・・
起立性調節障害は睡眠障害ではないのですが、実はキリツテインは睡眠障害の人にもいいんですね。
配合されているLーテアニンという成分が効くらしいです。
朝の疲労が軽減される・ストレス緩和・イライラしない・集中力アップなどの効果の結果も出ているらしいので飲んでみたくなったんです。

 

さてさて、そのキリツテイン届きましたよ。
1日4粒、寝る前30分〜2時間前に飲む。
飲み方はいたって簡単ですね。

 

 

飲み始めて数日たった時、目覚めの良さを実感しました。
スッキリと起きられるんです。
そして、朝からやる気になれる。
寝ている間にリラックスしたんでしょうかね。

 

 

いつも、昼過ぎになると眠気に襲われます。
そしてダラダラと昼寝・・・
やりたいことがあるのに眠気に耐えられない日々を悔やんでいました。
が、これまたスッキリとした昼過ぎを過ごしています。
キリツテインのお蔭で仕事も趣味も調子よく進んでいます。

 

やる気が出たお蔭か集中力も良くなった気がします。
毎日が楽しくなってきましたよ。

 

キリツテインは起立性調節障害で悩む子供たちに開発されたものですが、朝に起きられない大人にもいいんですね。
これからも飲み続けてストレスのない楽しい日々を過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

起立性調節障害の方の体験談はこちら → 起立性調節障害にはキリツテイン → http://kiritsutein.com